精力が衰える理由は肥満や高血圧の他、脂質異常症など

精力が衰える理由は肥満や高血圧の他、脂質異常症など

どうして精力が衰えるのでしょうか。その理由はいくつかありますが、まず考えられるのが生活習慣病です。特に精力が衰えると考えられるのは、肥満や高血圧の他、脂質異常症や高コレステロール血症などの数値が全て正常値を上回っている状態です。このような状態に陥ってしまうと逆に精力増強をしたいと試行錯誤しても改善するのが難しくなってしまいます。また血液の流れを悪化させる生活習慣は基本的に精力が衰える原因になってしまいます。冷え性や低体温症も精力が弱くなってしまう原因になります。この他にも精力が衰える理由としてストレスがあります。仕事でいつも重度のストレスがかかっていたり、性行為の失敗から過度のプレッシャーを感じてしまい、それがストレスになり精力が弱くなっていくことがあります。加齢も精力が減退していく要因になっています。年齢を重ねるとどうしても男性ホルモンが減少してしまうのでそれが原因で精力が衰えていきます。ちなみに若い人が年齢の割に精力が弱い場合、大抵PDE5という酵素がその原因となります。というのも、勃起している最中にPDE5の分泌量が多くなるとそれによって血管拡張を抑制してしまい、それが勃起状態を保てなく原因になるからです。
そのような場合、中折れ防止方法として精力剤や滋養強壮剤を試すのが良いと考えます。

 

参考記事
http://www.allmyfollowers.com